終活について

当サロンが考える「終活」とは

「終活」という言葉は、2009年に週刊朝日のコラムの中で使われたのが最初だといわれています。当初は「人生の終わりに向けての事前準備」を意味していましたが、少しずつ意味合いが変わってきている状況です。

現在は「人生の終わりに向けての事前準備をしながら、これまでの人生を見つめ直し、残りの人生を自分らしく生き、自分らしいエンディングを安心して迎えるための活動」を意味するようになっています。

人生の終わりを具体的に考えることによって、見えてくるもの、そして「生きる」ことの大切さを考えるよい機会が終活ではないかと・・・

また、終活は一度やれば終わりという活動ではありません。日々変化する日常生活の中で、変化に応じて継続的に見直しをしていかなくては意味がないのです。

「終活」をしないと…

終活をしないことでこういったトラブルに発展してしまうことがあります。

  • 介護や葬儀のことなど話せずに家族間で意見が食い違い、まとまらず家族不和を起こした
  • 父親が要介護レベルに。元気なうちにもっと人生を楽しませてあげたかったのにと後悔
  • 突然、親が他界した。葬儀プランどころか、どこの葬儀屋さんが良いかわからず困惑した
  • 故人のネットバンキングやパソコン登録のIDやパスワードがわからなくて困った
  • 葬儀後、多額の金銭問題があることが判明。どこに相談すればわからず悩んでいる
  • 相続問題が勃発、家どうしのトラブルに発展してしまった

このような問題は、家族だからこそ言えない問題をはらんでいることが多く、場合によっては非常に難しいケースとなります。当事者の方が元気なうちはまだいいものの、介護や寝たきり、または突然の死を迎えてしまうと、生活や家族全体が暗転しまいかねません。

そこで当サロンでは…

当サロンでは上記のようなことに陥らないために、人生における、エンディング「まで」・「瞬間」・「その後」を幸せに送るための準備と実践がどなたにでもできるサービスを提供しています。事業活動を通して、下記のようなイメージを描いています。

と位置づけています。終活はなにもエンディングノートを書くことだけや、葬儀のプランを立てておくことだけではありません。もちろん、エンディングノートも葬儀のプランも大事ですが、それ以上に、当事者の方がエンディングまでの人生の不安をご家族ともどもが払拭させ、余生を楽しんでいただく。そしていざというときも迷うことなく、その後もよき思い出とともに語り継がれる時間を過ごしていただく…。これが「残された家族に迷惑がかからない、幸せな最期」ではないでしょうか。

  • 高齢者向けサービスも充実!
  • 老人ホーム・高齢者住宅をお探しの方へ
  • 相続専門 税理士法人レガシィ
  • 幕末まで遡る家系図を作ってみませんか!