よくある質問

終活ライフプランナーの資格って?
「終活」に関して熟知し、終活の有効性を伝えることができ、必要なサポート・アドバイスを行うことができるスキルを証明するものです。
その資格を持ったプランナーは、相続、遺言、保険、葬儀、お墓、介護など、ご本人やご家族がどの分野に悩んでいるのかを的確に捉え、専門家への架け橋としてサポートしていきます。
また、エンディングノートを通して終活者の人生のたな卸しを手伝い、後悔のないよりよい人生を過ごすためのサポートを行っていく人です。

一般財団法人 日本能力開発推進協会 (JADP) 「終活ライフケアプランナー資格」公式ページはこちら
サロンの営業日・営業時間は?
基本的には、年中無休です。 しかしながら、現在サロンに常駐はしていないため不在時も多く、ご迷惑をお掛け致します。
カウンセリングやご相談の際は、事前に電話かメールにてご予約ください。

また、ご不幸があって葬儀社の手配や葬儀のご相談のように急を要する場合は夜中でも構いませんので、ご遠慮なくお電話いただければご対応させていただきます。
TEL:044(932)1237
またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
親も高齢でサロンまで行けないのですが、自宅で相談にはのってもらえますか?
はい! 出張カウンセリング(神奈川県内・東京都内・埼玉県内・千葉県内)も承っていますので、事前に電話かメールにてご予約ください。
TEL:044(932)1237
またはお問い合わせフォームからご連絡ください。
地元の老人会や青年会・介護施設や老人ホームで、セミナーや相談会はやってもらえる?
もちろんやらせていただきます。
終活全体のことだけでなく、専門家(弁護士・税理士・相続相談士・介護士・薬剤師etc.)の方々をお招きしての専門的なお話をしていただくことも可能です。
相続するほど土地も財産もないのですが・・・?
相続とは、人が亡くなったときに、その人の配偶者や子などが遺産(マイナス財産を含む)を引継ぐことです。 
このとき、亡くなった人のことを、「被相続人」と言い、遺産を引継ぐ人を「相続人」と言います。
皆さんが気になるところは相続というよりも「相続税」の支払いの有無ではないでしょうか?
相続税申告が必要となるのかどうか、まずは以下計算式に当てはめて、基礎控除額を確認してください。

3,000万円+600万円×法定相続人の数=相続税の基礎控除額
5,400万円を超える遺産がなければ、相続税の申告自体が不要なケースと言えます。

また、遺産分割や名義変更に期限はありません。手続をしなければ、何十年でもそのままです。
しかし、相続の放棄や税金の申告には期限があります。これらに関係する人は、それぞれの期限内に手続を行なう必要があります。

■相続の放棄・限定承認 相続発生後3ヶ月以内 
■所得税・消費税の準確定申告 相続発生後4ヶ月以内 
■相続税の申告 相続発生後10ヶ月以内 

遺産分割を行わないまま、相続人が死亡した場合には、その遺産分割には、その相続人の相続人も、加わることになります。
これにより、遺産分割が難しくなります。従って、相続税申告に関係のない人も早めに手続をしておいた方が良いと思います。

平成29年分の相続税の申告状況について(国税庁ホームページへ) 
相続に関しての専門家ってどんなところと提携しているの?
一言で「相続」といっても色々なケースや内容があります。
弊社は「相続」や「生前贈与」に関しての詳しい相談は、提携先である相続専門税理士法人レガシィにお願いして、相談者の方々のそれぞれのケースにあった対応をさせていただけます。

税理士法人レガシィのホームページはこちら
突然、近親者が亡くなりました。葬儀社の手配ってどうすればいいの?
お亡くなりになった場所によって異なります。
通常、病院でお亡くなりになられた場合、お付き合いのある葬儀社がない場合は、病院に出入りしている葬儀社を紹介され、搬送先(ご自宅・安置施設)に搬送されます。
ご自宅や外出先でお亡くなりになられた場合は、警察の依頼で警察に出入りしている葬儀社にて警察署に搬送され、司法解剖等の処置がされ、事件性がない場合は、搬送先(ご自宅・安置施設)に搬送されます。
いずれも搬送後に、搬送した葬儀社から葬儀に関しての営業があると思います。

ですので、お亡くなりになられた時点で、弊社にご一報頂ければ、搬送の手配からご葬儀のご相談まで優良葬儀社にて対応させていただきます。
優良葬儀社ってどんなところ?
近年、インターネットで検索すると低価格で葬儀を請け負う業者が乱立しています。
しかしながら、良いものを安く買う物販とは違い、葬儀業は所謂サービス業で、実際に金額だけで判断できるものではございません。
ですから、実際依頼してから葬儀前、葬儀中、葬儀後のクレームはよく耳にします。

身内がお亡くなりになり、精神的に余裕のない中、葬儀の段取りをしなくてはならない状況ですので、やはり信頼ができ、安心して任せられる業者にお願いすることが一番です。

弊社代表は、葬儀業界に特化した人材派遣会社や葬儀関連業者の請負業務で、神奈川県内、東京都内を中心とした数多くの葬儀社のお仕事に携わり、年間400件以上のご葬儀に立ち会ってまいりました。 
そこで感じましたのが、もちろん金額は重要ですが、ご遺族・ご親族の立場に立って、葬儀の段取りから葬儀中のご弔問客への気配りや対応、葬儀後のアフターフォローまで、きめ細やかな対応をしてくれる葬儀社が優良だと感じております。

弊社がご紹介する葬儀社は、今までお付き合いさせていただいた中で、上記の点で優れ、弊社の基準を満たしていて、ご遺族のご意向に沿った形で施行できる葬儀社を各エリアによってご紹介させていただいております。
質問
答え
  • 高齢者向けサービスも充実!
  • 老人ホーム・高齢者住宅をお探しの方へ
  • 幕末まで遡る家系図を作ってみませんか!
  • 相続専門 税理士法人レガシィ